FC2ブログ
2018/08/17

ウミネコ

久しぶりに出かけて見ました。変わった鳥さんは見渡らずウミネコが居たからパチリ。BAD_7649_00001.jpg
近くを通過するBAD_7684_00001.jpg
BAD_7686_00001.jpg
BAD_7689_00001.jpg
幼鳥さんが居ました。BAD_7709_00001.jpg
BAD_7728_00001.jpg
スポンサーサイト



2018/08/15

アオスジハナバチ

体長約10mm程の小さな青色の蜂ごく自然に見る事が出来る。
雄は雌と比べると、腹の青色の線が濃く感じます。そして後足が太いように思います。BAD_5061.jpg
BAD_5064.jpg
BAD_5077.jpg
BAD_5081.jpg
BAD_5100.jpg
BAD_5106.jpg
BAD_5417.jpg
BAD_5425_2018081507435012b.jpg
2018/08/14

トラマルハナバチ

猛暑で探鳥に出向く事を中止。
前日の昆虫撮影の中にトラマルハナバチが入ってました。
体長約18~25mm、頭から背中に橙色の毛が生え、長い舌で蜜をすてました。BAD_5408.jpg
BAD_4724.jpg
BAD_4874.jpg
BAD_4884.jpg
BAD_4960.jpg
BAD_4961.jpg
BAD_5083.jpg
BAD_5084.jpg
2018/08/13

ハラアカヤドリハキリバチ

先日の昆虫撮影で撮った、もう一方の珍しい蜂です。
体長約15~20mm程で頭と胸が黒く、第1腹節後緑より後ろは橙色で点刻がある。
簡単には見る事が出来ない珍しい蜂。BAD_4921.jpg
BAD_4940.jpg
BAD_4946.jpg
BAD_4947_2018081307362548f.jpg
BAD_5283.jpg
BAD_5443.jpg
2018/08/12

ヤノトガリハナバチ

先日の昆虫撮影の中に珍しい2種類の蜂を撮って居ました。 
ヤノトガリハナバチ、この蜂は稀にしか見る事が出来ません。体長10~15mmと小さな蜂。
正面から見ると顔面に黄褐色の毛が密生してます。
   2カットしか撮れず、逃げられる。もう一度挑戦し正面から撮ってみたいです。BAD_5016.jpg
BAD_5017.jpg
 
2018/08/11

幸せを呼ぶ青い蜂

今日は鳥見無し、昆虫撮影に出掛ける事にしました。
  ”幸せを呼ぶ青い蜂„撮影に、兵庫県もかなり個体数が減った様です。 
  お隣の京都府は絶滅危惧種に指定された様です。BAD_4570.jpg
BAD_4642.jpg
BAD_5431.jpg
BAD_5212.jpg
BAD_5143.jpg
BAD_5133.jpg
BAD_5125.jpg
BAD_5026.jpg
BAD_4865.jpg
BAD_4823.jpg
BAD_4818.jpg
BAD_4659.jpg
2018/08/10

ベニアジサシ、ペーア・・・?パート④

どうも南西諸島に帰ったみたいです。
1ヶ月程楽しませてくれました。暑いなか有難うまたの機会に…BAD_4222_00001.jpg
BAD_4228_00001.jpg
BAD_4232_00001.jpg
BAD_4237_00001.jpg
BAD_4239_00001.jpg
BAD_4246_00001.jpg
足輪を付けてます。BAD_3038.jpg
2018/08/09

ケリも暑い

帰り道に田圃を覗いて見ると若いケリたちが水溜りの中で水浴び。
  体を水の中に暫く浸かってました。その後は水浴びから羽ずくろい。BAD_5488.jpg
BAD_5491.jpg
BAD_5497.jpg
BAD_5498.jpg
BAD_5502.jpg
BAD_5505.jpg
BAD_5506.jpg
BAD_5507.jpg
BAD_5515.jpg

2018/08/08

コフキトンボ

体長約38~48mm。胴体部分に白い粉が吹き出てくるらしいです。
東北地方、北海道には生息してない様です。BAD_5493_00001.jpg
BAD_5494_00001.jpg
2018/08/08

ウチワヤンマー

最近猛暑で鳥見無し。昆虫撮影に出かけるも暑いです。
今日はウチワヤンマが居ました。腹部の第8節のウチワ状が黄色い。BAD_9609.jpg
BAD_9497.jpg
BAD_9714.jpg