FC2ブログ
2017/07/02

アサヒナカワトンボ

今日も鳥に会いませんでした。以前撮ったアサヒナカワトンボは若杉原生林、
今回は地元で撮った美しい金属光沢をした個体でした。_DSC2002.jpg
_DSC9638.jpg
_DSC2007.jpg
_DSC2123.jpg
_DSC2139.jpg
_DSC2224.jpg
_DSC9637.jpg
_DSC9613.jpg
スポンサーサイト
2016/09/03

ギンヤンマ

体長約74~82mm。大きなトンボです。雄は腹部第3節が水色おしてます。絶えず昼まは飛翔し、じつとしてません。
交尾し枯草に産卵しているときぐらいです。動き回り疲れた時など植物の枝、茎等に止まり休憩してます。DSC_0104.jpg
DSC_0183_20160903151118c75.jpg
これより3枚は蓮の茎に止まり休憩中,第3節が水色です雄の個体です。DSC_1649.jpg
DSC_1653.jpg
DSC_1657.jpg
DSC_3334.jpg
DSC_3341.jpg
2016/08/24

ハチ北高原にてアキアカネ

やはりハチ北高原は涼しいのかアキアカネが無数にいました。体長約33~46mm。雄は成熟すると腹部が赤化する。
雌は腹部背面がやや赤くなる。阪神間では稲の農薬のせいかほとんど見られなくなつた。DSC_3836.jpg
DSC_3838_20160824220255663.jpg
DSC_3839.jpg
DSC_3843.jpg
DSC_3845.jpg
DSC_3852.jpg
DSC_3853.jpg
DSC_3861.jpg
2016/08/24

赤トンボ(リスアカネ)

体長約35~47mm。翅端に黒褐色の斑紋がある赤トンボ。雄は成熟すると腹部背面が赤化する。雌は黄色味をおびている。
この個体は雄と思います。DSC_0498.jpg
DSC_0501.jpg
DSC_0598.jpg
DSC_0609.jpg
DSC_0614.jpg
2016/08/22

ハチ北高原にてオオルリボシヤンマ

孫とハチ北高原にてオオルリボシヤンマと出くわす。体長約77~93mmと大型の綺麗なトンボです。雄は水色型の斑紋があり
雌は黄緑型の斑紋があり、近畿地方は水色型が多い。この個体は水色型だから雄と思います。DSC_4145.jpg
DSC_4140.jpg
DSC_4136.jpg
DSC_4130.jpg
DSC_4128.jpg
DSC_4121.jpg
DSC_4117.jpg
2016/08/21

ハチ北高原にてタカネトンボ

孫とハチ北高原にて昆虫採集、体長約54~64mm。金属光沢のある緑色をしており、黄色部は少なく美しく綺麗なトンボです。
たぶん腹部が長いから雄の個体と思います。DSC_4038.jpg
DSC_4041.jpg
DSC_4050.jpg
DSC_4054_20160821150547e88.jpg
DSC_4059.jpg
DSC_4063.jpg
DSC_4079.jpg
DSC_4069.jpg
DSC_4073.jpg
2016/08/21

絶滅の危険なミヤマサナエ

孫とハチ北高原に昆虫採集にいつて来ました。この個体ミヤマサナエは、兵庫県では絶滅危惧Cランク、捕獲せずに逃がす事にしました。雄の個体でした。体長約63~69mm。やや大型のサナエトンボです。DSC_3894_20160821082736e58.jpg
DSC_3891_201608210827346c7.jpg
DSC_3886.jpg
DSC_3889.jpg

2016/08/18

アオモンイトトンボ

体長約30~35mm。雄は、腹端背面の水色部分が第8筋にある。この3個体は未熟雌と思います。DSC_8702.jpg
DSC_8704.jpg
DSC_8705.jpg
この個体は雄と思はれます。DSC_9306_2016081810055649e.jpg
DSC_9309.jpg
2016/08/17

セスジイトトンボ

体長約27~37mm。ごく一般に見られるイトトンボ。頭部眼後紋は大きい。緑がかった青色に黒色の斑紋をもつ。DSC_3605.jpg
DSC_3606.jpg
DSC_3609.jpg
雌の個体と思います。DSC_3611.jpg
DSC_3617.jpg
DSC_3620_201608171705280d0.jpg
2016/08/13

大池にいたコフキトンボ

DSC_9264.jpg
DSC_9266.jpg
DSC_9268_20160813144514d90.jpg
DSC_9269.jpg
DSC_9274.jpg