2017/07/07

ハッチョウトンボの逆立ち

体長約18~22mm世界で最も小さいトンボ、1メーター四方をテリトリーとし他の雄が侵入して来ると威嚇します。
主にモウセゴケ、サギソウ、トキソウ等が生息してる所にいます。兵庫県では絶滅危惧Cランク。_DSC0002.jpg
_DSC2993.jpg
_DSC2998.jpg
羽化したばかりの雄の個体、時間が経つに連れて赤くなってくる。_DSC2041.jpg
_DSC9891.jpg
DSC_3035.jpg
雌の個体です。_DSC2009.jpg
DSC_3051.jpg
DSC_3057.jpg
DSC_3078.jpg
朝露お身体に浴びてます。_DSC0800.jpg
_DSC0806.jpg
_DSC0812.jpg
スポンサーサイト
2017/07/03

鷺草に止まるハッチョウトンボ

天気が良かったのでトンボ撮影に出かける、熱中症になりそうでした。暑かったです。ι(´Д`υ)_DSC0362.jpg
_DSC0374.jpg
_DSC0375.jpg
_DSC0388.jpg
_DSC0396.jpg
DSC_0422.jpg
DSC_0434.jpg
DSC_0448.jpg
DSC_0471.jpg
2016/06/17

世界で最も小さいトンボ

体長約18mm~22mm世界で最も小さいトンボの一つ。モウセンゴケ、サギソウ、トキソウ等、湿生植物が生えている湿地帯に
生息してます。明石の湿地帯にはサギソウは消滅してしまいました。色の赤いのが雄、黒と黄色の縞模様が雌です。
日本では絶滅危惧Cランク、兵庫県もCです。湿地帯を荒らさず自然の状態で末永く楽しみましょう。DSC_2701.jpg
DSC_2722.jpg
DSC_2729.jpg
DSC_2736.jpg
トキソウと小さい赤色がモウセンゴケDSC_2746.jpg
DSC_2749.jpg
モウセンゴケと雌のハッチヨウトンボDSC_2755.jpg
DSC_2783.jpg
DSC_2812.jpg
DSC_2818.jpg
DSC_2865.jpg
DSC_2851.jpg